手作りワンポイントアドバイス/招待状

ワンポイントアドバイス招待状イメージ

招待状は結婚式に向けての第一歩となる大切なアイテム。マナーにも気を配りながらお二人らしい招待状にしよう!
 
▼発送の時期とマナー

事前に連絡
いきなり招待状を送るのではなく事前に電話などで結婚の報告と出席のお願いをしておくとベター。

いつ頃出す?
挙式の3ヶ月前くらいが目安です。遅くとも2ヶ月前には先方に到着するように準備しましょう。

主賓には・・・
上司や恩師などの主賓にはできれば手渡しが丁寧です。


▼招待状の文面
誰を差出人にするか、媒酌人の有無、披露宴のスタイルなどによっても文面は変わりますので注意しましょう。

▼同封するもの

返信はがき
出欠のお返事をいただく返信ハガキ。切手を貼ってから同封しましょう!(慶事用切手がおすすめ!)
宛先は新郎側のゲストは新郎の住所に、新婦側のゲストは新婦の住所にします。
名前には「様」ではなく「行」をつけて。(ダウンロードもできます)

地図
アクセス方法や駐車場の有無などが記載されている会場の地図。
会場で用意されているところも多いので担当の方に相談してみて!

付箋(ふせん)
受付やスピーチを依頼するゲストには改めて付箋でお願いしましょう。
また写真撮影、宿泊のお知らせなど特定の人にのみ伝達する必要のある事項も付箋で解決。

芳名カード
受付に芳名帳を用意すると当日ズラーッと行列になっちゃって・・ということがよくあります。
そこで、事前に芳名カードに記入して当日持参していただくというスタイルが増えてきています。
あとで綴じて管理できるので後のおつきあいにも便利。

番外編 香り
お気に入りの香りをそっと忍ばせて・・・封をあけるとふんわり香るなんて素敵でしょ♪

付箋セット 芳名カード 練り香水
付箋セット 芳名カード 練り香水

こちらに記載しております内容はあくまでも一例です。地域や慣習などで事情が異なる場合もございますのでご了承の上ご活用くださいませ。

Copyright(c) farbe All Rights Reserved.